我が家の庭ツアー

リューカデンドロン レッドデビルを地植えで1年育てた!夏越し・冬越しのポイントをご紹介!

赤い苞葉が美しいリュカデンドロン レッドデビル 暖地では地植えで栽培可能と購入先で聞いたので、わが家では庭に地植えして育ててみました。 育て方を調べると霜には弱いとありましたが、あることをすることで夏越し・冬越しを無事に…

低木

リューカデンドロンの特徴や育て方のコツ!枯らさないポイントも!

  • 内外装の装飾、オフィス、プライベートスペース、または家の庭の柵のための緑の植物の壁のデザイン。
  • 生け垣は、プラスチックのグリッドマットで織られたポリエステルの葉で作られています。柔軟性があり、あらゆる表面(湾曲している場合でも)で使用できます。
  • リアルな緑のツタの外観、強い光の退色耐性と耐候性。
  • 人工の垂直庭園は、ステートメントウォールを作成し、空間に植生の感覚をもたらすのに最適です。
  • 人工ツタの火格子は、従来のヘッジに代わるものであり、メンテナンスは必要ありません。

商品の説明

サイズ:1.5x10m  |  カラー:Green

製品仕様

プロジェクト:人工葉柵

素材:プラスチック、ポリエステル

葉の種類:サツマイモの葉

葉のサイズ:約3x5cm

重量:約500GSM

ケーブルタイの色:緑

ケーブルタイの長さ:10cm


製品の特徴

力強い人工葉でいっぱいの人工柵。

葉の膨らみとスナップボトムライニングの柔軟性は、優れたプライバシーと簡単な設置特性を提供します。

パネルのバックルフックを使用すると、任意のデザインを作成したり、任意の領域に簡単に適応して、最高のプライバシーを備えた美しい装飾を提供できます。

付属のケーブルタイを使用して、水平または垂直に配置できます。

テラス、ポーチ、木製の柵、裏庭、歩道、家やオフィスの外壁、舞台の背景などに使用できます。

リューカデンドロンを ご存知でしょうか? リューカデンドロンは近年ガーデナーの間で人気急上昇中の植物で、最近では苗も多く出回るようになってきました。わが家の庭でも現在3種類のリューカデンドロンを地植えで育てています。 ま…

ガーデニング

ベラボンとは?メリット・デメリットや植え方も紹介!土を使わないで観葉植物を育てられる救世主!

この記事では、土を使わないで室内で観葉植物を育てようと思った時の救世主「ベラボン」のメリットやデメリットや植え方についてご紹介します。 おうち時間が増えたことで、お庭だけでなく室内でも観葉植物やグリーンを楽しみたい。とい…

ガーデンDIY・ガーデングッズ

KINTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!

お庭だけでなく室内で観葉植物を育て、部屋でもグリーンを楽しみたいという方が増えています。私もその一人でしたが、室内犬を飼っているため置き場所が限られているので諦めていました。 そんな時にネットで見つけたのが「KINTO(…