医療未収入金対策

医療費未収入金

医療費未収入金問題とは

  • 医療機関において、外来での診察や退院時に持ち合わせが無い等の理由で、患者が医療費の自己負担分等を支払わない、いわゆる「医療費未収入金」が問題になっています。
  • 現在、この「医療費未収入金」は増加傾向にあり、医療機関の経営を圧迫する要因のひとつになっています。平成17年に実施された四病院団体協議会(全日本病院協会・日本医療法人協会・日本精神科協会・日本病院会)の調査によると、当該協議会に加入する病院の約3,270病院における累積未集金額が、1年間で約219億円、3年で約426億円と報告されています。
    厚生労働省に設置された「医療費未収入金に関する検討会」の報告書(案)【平成20年6月25日作成】には、まず医療機関側において積極的に未然防止策を行う必要があるとの見解を示しています。

未収金増加に陥りやすい医療機関の特徴

(一例)
■未収金額や発生原因を把握していない
■請求方法や時期についてのルールを決めていない
■未収金管理は現場担当者任せである

医療未収金対策

未収金問題を持つ、ある医療機関においては、現状の未分析という課題が見られます。現状を把握し、請求についてのルール(マニュアル)を作成するとともに、請求事務マニュアルの作成を行います。
費用や、具体的な支援内容は、訪問させていただいた上で、お伝えしております。
どのような場合でも事前にお見積もり致しますので、ご安心下さい。

information

介護事業の指定申請、介護タクシーの開業をお考えの方は
舟橋行政書士事務所
〒650-0022
兵庫県神戸市中央区元町通
4-6-7
【営業時間】
平日:10:00~17:00
【定休日】
土日祝日

全日本介護タクシー開業サポートグループ


フェイスブック